股関節痛ってなに?

股関節痛と聞いて、ピンとこない方も多いと思います。しかし、年を追うごとにこの症状に悩まされる人も増えてくるでしょう。

 

では、股関節痛とはどのような症状なのでしょう?

 

解説者

股関節痛は、その名のとおり股の股関節部分が痛くなる病気です。

 

股の関節が痛くなるのには様々な原因が考えられ、たいていは股関節の使い過ぎによって負荷がかかったり、怪我などによって痛むことが殆どですが、中には重大な病気のサインの可能性もあるため、注意が必要な症状です。

 

マラソンやランニングにウォーキング、特に登山などの坂道を上り下りした場合に股関節に痛みが生じることが良くあります。

 

またの関節部分は、両足の駆動部分であるとともに、上半身を支える要ともなる重要な部位ですから、それだけに大きな負担がかかりやすく、常に使う部位でもあるため一度故障してしまうと回復に時間がかかる部分でもあります。

 

股関節痛は、治りが悪くてなかなか痛みが消えない人も多く、この症状で長年苦しんでいる人も少なくはありません。

 

さらに、年を重ねるごとに関節部分というのは弱くなりますし、軟骨の働きも弱まりますから、より負担がかかりやすくなって回復も遅くなってしまいます。

 

しっかりと、正しい知識を身に付けて股関節症を早期に回復していくことが大切になってきます。

 

また、股関節は身体の中でも特に重要な部位になりますので股関節に負担をかけすぎないように日頃から考えて生活をしていく必要があるでしょう。